前世占いの事例

前世占い(霊視鑑定)

母と娘の関係を前世占いで霊視鑑定した事例 前世に見える冬の夜空と教会の画像 
封印された魂の記憶を生年月日と氏名から霊視鑑定します。

自分が生きていた過去の歴史をしりたい方、霊感、感受性が強い方、未来を知りたい方が大勢ご利用されています。

・恋人との縁、親子の縁
・前世の仕事と現世の仕事の関係
・何をしてどう生きていたのか
・カルマ(現世の因縁)を解く
・見えて来た宿命・使命・バイオリズムの鑑定

こちらの前世鑑定の事例は30代お母様からの鑑定依頼です。既に5歳の頃からご自分の子供が欲しいと思っていたそうです。 我が子が誕生した喜びを噛み締め、抱きしめた時の感覚や顔を見た時にとても懐かしい思いがしたそうです。
「もしかして、前世でも会っていたんじゃないか、縁があったんじゃないかと日々、疑問でならなかった。この子には何が大切なことで何が学びで、勉強や仕事で進むと良い方向、この子の育て方に大切な事など知りたい」と鑑定のお申込みを頂きました。

ご相談者様は日本人のお母さんと赤ちゃんですが前世はお二人ともヨーロッパに生まれてます。まだ紛争があっていた頃です。

赤ちゃんを産んでも貧しくて育てる事ができない時代があり、赤ちゃんを孤児として教会に引き取ってもらい育ててもらうことがあっていました。

ある朝シスターが教会の入口に生まれたばかりの赤ちゃんが捨てられている事に気づき、その赤ちゃんを教会で育てることにします。
そのシスターは他のたくさんの孤児の中でも、その子がとても気になり何時も抱きしめて人一倍愛情をかけて育てていたようです。

ですが紛争の中銃弾があたりシスターは犠牲者となって亡くなってしまいます。
(実はその亡くなったシスターがご相談にみえた方で教会で育った孤児がご相談者様の赤ちゃんです)

孤児もやがて亡くなり二人は上の世界でまた、再会を果たします。そしてシスターの魂はまた輪廻転生をするために人として(母親として)この世に生まれる使命を持たされます。
孤児の魂は上の世界で「私も一緒に下の世界に行かせて下さい。あの方(シスター)のお腹を借りて下におりたい」と神様にお願いをします。
そこで自分の腹を貸して孤児の魂をこの世に産む事をシスターの魂も了解して上の世界で約束が取り交わされました。(これがよく言われる、神の元で双方が「上の世界で取り交わした計画」と言われるものです)

こうした深い深い縁があって今世、親子関係をもって生きていくことになりました。
約束したように現世で再会した二人は親子として幸せに暮らしています。
お母さまが胸に引っかかっていた疑問が解けてすっきりされて居ました。


スピリチュアルカウンセリング&占いのご案内
恋愛占いのご案内
スピリチュアルヒーリングのご案内
恋頭痛・体調不良ヒーリングご案内
今すぐ電話占い(霊視鑑定)のご案内
Top